正しく終了しても次の起動で ScanDisk が走ってしまいます
対象OS:Windows98

Windows98 で採用された高速シャットダウンに対応できないデバイスドライバーがあると、この症状が発生することがあります。以下の作業でシャットダウン方法を Windows95 互換に戻してください。

  1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] で msconfig を実行します。
  2. [全般] タブの「詳細設定」をクリックします。
  3. 「高速シャットダウンを使用不可にする」にチェックをします。
  4. 「OK」を2回クリックし、設定を保存します。

Windows98 SE や Windows Me でも、正常にシャットダウンできているにもかかわらず、毎回起動時にスキャンディスクが実行されてしまうことがあります。
これは、Ifsmgr (ファイルシステム管理モジュール) の不具合で、キャッシュの書き込みが終わる前に電源が切れてしまうためなので、Windows98 SE 日本語版の場合はマイクロソフトから修正された Ifsmgr.vxd (273017jpn8.exe) をダウンロードして適用後、次の手順でレジストリを変更してシャットダウンの遅延時間を設定してください。(Q273017)
なお、Windows Me 日本語版に対する修正は 2001/03/01 時点ではリリースされていません。
  1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE \Software \Microsoft \Windows \CurrentVersion を開きます。
  3. [編集]−[新規]−[DWORD 値] をクリックし、CacheWriteDelay 値を作成します。
  4. CacheWriteDelay をダブルクリックし、10 進数で 2000 などを設定して「OK」をクリックします。
  5. Windows を再起動すると有効になります。

TOPPAGE
「その他の設定」一覧へ


サービスのご案内ユーザー専用お申し込みサイトマップ

サービスに関するお問い合わせはこちら
アサマインターネット
URL: http://www.asama.ne.jp/
mailto: info@asama.ne.jp
TEL: 0268-36-1919  FAX: 0268-36-4040
ASAMAインターネット